忍者ブログ
A.の雑記(映画・音楽・アートetc.)
[93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


さてプラネット・テラー見て参りましたよ。
アメリカではタランティーノの『デス・プルーフ in グラインドハウス』と二本立て公開だった作品。
ロバート・ロドリゲスのゾンビ愛炸裂!ってことでゾンビたちがワラワラ、グチョグチョになります。もうね、何も言うことございません。ストーリーなんてなくてもいいんです。
つじつまが合わなくたって、そんなのどうでもいいんです。(リール一巻焼失って画面に提示して、途中の話省いちゃう剛腕っぷりもスゴイが、それでもストーリー展開がなんとなくわかってしまう感じもスゴイ。いつの間にか知らん登場人物が増えてるがな…と観てるこっちがア然となっちゃう感じも意外と好きだったり…。)
お色気ローズ・マッゴーワン嬢が足にはめ込んだマシンガンぶっぱなして、スカッと飛んで、気持ちのわるいゾンビどもと軍隊を颯爽と一掃してオワリ。そのシーンが観れただけで僕は大満足です。これぞB級映画の醍醐味!ってのをこれでもかっ!と見せつけてくれる映画。この映画は間違いなくロバート・ロドリゲスの最高傑作。(馬鹿なことにお金かけすぎ!)『デスペラード』よりもおもしろかったです。
個人的には、架空の映画『マチューテ』の予告編と女医ダコタ役マーリー・シェルトンの終盤での、手がぶらんぶらん、どこか遠くにイっちゃてる目が最高でした。



☆『プラネット・テラー in グラインドハウス』のサイト↓
http://www.planetterror.jp/planet_terror/pt.html

☆A.の『デス・プルーフ in グラインドハウス』感想記事↓
http://akirart.blog.shinobi.jp/Entry/67/


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
プロフィール
HN:
A.
HP:
性別:
男性
カウンター
最新コメント
[07/08  ]
[01/28 A.]
[01/22 もり]
[11/01 A.]
[11/01 paintandpaint]
フリーエリア
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]