忍者ブログ
A.の雑記(映画・音楽・アートetc.)
[70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63] [62] [61] [59]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

☆Eastern Promises予告編

デヴィッド・クローネンバーグ監督の最新作『Eastern Promises』。
相変わらずダークな雰囲気満載であります。
どうもロシアンマフィアがからむクライムサスペンスらしい。
全米公開が9月ということで、日本公開はいつになるのかなあ?って感じですが非常に楽しみです。 
主演は、前作『ヒストリー・オブ・バイオレンス』と同じくヴィゴ・モーテンセン。
共演が『21グラム』のナオミ・ワッツ。
そして、奥さんがモニカ・ベルッチ!!と個人的にうらやましい度100%な男『ドーベルマン』ヴァンサン・カッセル。(『オーシャンズ13』にも怪盗役としてちょこっと出てましたが、地味すぎてかわいそうでした…。)

ヴィゴの全身タトゥー姿は『ケープ・フィアー』のデニーロを彷彿とさせ、かなりキてますね。冷徹な感じが渋すぎ!

☆Eastern Promises(海外版)のサイト↓
http://www.focusfeatures.com/easternpromises/

☆A.のクローネンバーグ監督作『ヒストリー・オブ・バイオレンス』の感想記事↓
http://akirart.blog.bai.ne.jp/?eid=47603
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
待ち遠しいです
『ヒストリー・オブ・バイオレンス』は、クローネンバーグにしては、気持ち悪い度が低かったので、次回作はどうなるのか。ちょっと気になっています。
日本公開はいつになるんでしょうね。
待ち遠しいです。
チィ 2007/09/13(Thu)11:29:38 [編集]
☆チィさん
確かに『ヒストリー・オブ・バイオレンス』はグロい感じが少なかったですね。
予告を見た感じ、『Eastern Promises』も『ヒストリー・オブ・バイオレンス』の流れをくむノワールものって感じで、グロ度はちょっと低そうですね。
最近のクローネンバーグは視覚に直接訴えかけるグロさよりも、映像全体に漂う空気感に気持ち悪さを求めているような気がします。

日本でも来年頭あたりにはぜひ公開してほしいですね!
まあ、クローネンバーグ作品がお正月映画になるってことは、まず、ありえねえっ!と思いますが…。
A. URL 2007/09/15(Sat)22:14:07 [編集]
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
プロフィール
HN:
A.
HP:
性別:
男性
カウンター
最新コメント
[07/08  ]
[01/28 A.]
[01/22 もり]
[11/01 A.]
[11/01 paintandpaint]
フリーエリア
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]